絞り加工、レーザー加工

「絞り加工」「叩き加工」「3次元レーザー加工」による複合板金加工を最も得意とし農業機械・建設機械・オーディオ機器・自動車等の試作から小ロット部品までの加工をより安く、より早くご提供いたします。








      


HOME > アミヤの得意技術

金型による絞り加工とレーザー加工の複合加工

積層金型やZAS型(ザス)を使っての『絞り加工』と、1枚の鉄板をハンマーで叩いて球面を成形する特種熟練技術の『叩き鈑金加工』とを組み合わせ、さらに『3次元レーザー』でトリミング、異形穴加工までを一貫した『複合鈑金加工』がアミヤの得意とする技術です。 製品の大小を問わず、加工の難易度を問わず、アミヤの鈑金技術はどこまでも挑戦し続けます。

 

積層金型&ZAS型で試作から量産まで !

1、設計 → スライスデータの作成
* 積層金型は、最新CADを用いて製品形状や材質に合わせて金型の元になるスライスデータを、短時間で作成します。
* ZAS型は、三次元CADを用いて削りだす為の型構想を行いデータを作成します。

積層金型の設計
 

2、薄板切断 → 薄板積層 → 結合
* レーザーカットした積層金型部材を、長年の経験を元に判断し 縦や横に積み重ね結合溶接を行います。
* ZAS型は、マシニングセンタ(協力会社)で切削加工を行います。

薄板のレーザー加工
 

3、表面加工
図面から、絞り加工を計算した表面研磨及びトライ成形を精密に行い、プレス製品の品質を高めます。

絞り加工用積層金型の表面加工
 
4、油圧プレス → 成形
* メカプレスと違い油圧プレスで成形することで、金型の寿命も長く試作の1個から、数千個の量産までも対応可能に致しました。
* ZAS型の耐久性は、製品の材質・個数によって異なります。
3次元形状の絞り加工
 

5、アール部分・複雑形状の加工
3次元レーザー、ベンダーマシーンを使用して穴あけ、複雑形状のトリム加工を行います。

3次元形状のレーザー加工
 

6、仕上げ → 品質管理 → 出荷
難易度の高いアール形状部分などは、アミヤが得意とする特種技術【 叩き板金加工 】で成形を行います。ISO9001:2008(国際品質規格)を基準に、三次元測定機を使用しながら検査を行い、品質及び 出荷前品質チェックで高品質な製品をご提供します。

叩き加工と検査
 
 

株式会社 アミヤ
〒566-0052 大阪府摂津市鳥飼本町4丁目4番29号 
TEL(072)654-3588  FAX(072)654-5058
Copyright (c) 2006 amiya co.ltd. All Rights Reserved.